FC2ブログ

モパニワームを食べてみた

今回はかの有名な食用昆虫であるモパニワームの試食をした様子を報告します。

モパニワームとは、アフリカ南部に生息するヤママユガの一種の幼虫で、現地では非常にポピュラーな食材となっています。
Mopane Worm by Arne Larsen
(詳しくは、野中健一著虫食む人々の暮らし (NHKブックス)などを参考にしてください。)
昆虫食研究者であれば誰もが知っているこの虫、一度は食べてみたいと思うものです。
しかし、アフリカ南部産の珍味ということで、日本では入手が非常に難しい食材だったのです。

ですが最近、やっと日本からモパニワームを購入する方法が見つかりました
イギリスの希少食材通販サイトhttp://www.edible-shop.com/です。
この通販サイトでは、ジャコウネココーヒー、トナカイ肉、高級バニラ、高級中国茶、真珠粉末などの希少食材だけでなく、食用昆虫の販売も行なっています。

2012.7.15現在、当サイトで取り扱っている食用昆虫関連商品は以下。
クロアリ キャンディ
ハキリアリ チョコ、スナック、
ミールワーム キャンディ、スナック
スズメバチ のはちみつ漬け
コオロギ スナック(タイカレー味)
モパニワーム スナック
サソリ チョコ、キャンディ、スナック、ウォッカ
ミミズ ジン

モパニワームを販売している通販サイトは、世界でもおそらくここだけではないでしょうか?(自信はないですが…)
ミミズを漬け込んだジン(蒸留酒)なんかも非常にユニークです。

さて、我々は実際にモパニワームを取り寄せました。
40g入り(約30匹)で15.95英ポンド、送料は7英ポンド。
しめて22.95英ポンド=約2800円

なかなか高い買い物でした。
モパニ缶 - コピー ワーム - コピー
左がパッケージの缶で、右が入っていたモパニワームです。
大きさは約4cmと、食べるのをためらってしまうくらいに大きいです。

パッケージの裏側に書かれている説明文です。

モパニワームはボツワナ、ジンバブエなどのアフリカ南部に住む人々にとって重要なタンパク源である。
モパニワームはヤママユガ科のイモムシで、モパニツリーを食べる。
現地民は毎年春になると、モパニツリーからイモムシを収穫する。
収穫されたイモムシはその場で腸内の内容物をしごき出され、塩水の入った大鍋で茹でられる。
その後、アフリカの熱い日光のもとで自然乾燥される。
そしてそのまま保存され、干し肉のようにして食べられたり、スパイシーなアフリカンピーナッツシチューの具材として煮こまれて食べられたりしている。
<原材料>
モパニワーム、塩

もう少し詳しい説明文は、以下の商品ページにあります。
http://www.edible-shop.com/shop/insectivore/mopane%20worms/

モパニワームは日光乾燥され、塩味がつけられています。
その風味は、きな粉。塩味のついたきな粉。
十分に乾燥されていて、食感はサクサクとしていました。
あまり油分は感じませんでした。
また、個体によって塩の分量が異なっていて、ものすごく塩辛いものと普通程度ものが混在していたようです。
(私の食べた個体は塩辛くて大変でした…)

DSCF2040 - コピー 断面図
腸の内容物はしごき出され、中身は空洞です。

結局、今回のモパニワームは美味しいのかどうかというところですが、
食用昆虫としては臭みもなく、淡白で食べやすい。
が、特別に美味しいものでもなかった。

というところでしょうか。
貴重な経験がでした。

DSCF2041 - コピー おまけ袋 - コピー
左:ビビりながら食べるT氏。 右:おまけの袋。かっこいい。

<三橋亮太>
スポンサーサイト



テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

食用昆虫科学研究会     ホームページ
Twitter

Twitter < > Reload

プロフィール

E-ISM

Author:E-ISM
食用昆虫科学研究会
(E-ISM ;Edible Insect Science Meeting)です。
このブログでは、E-ISMのメンバーが昆虫食に関わる色々なことを自由に気軽に書いていきます。

リンク
記事一覧
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック