スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外の昆虫食ビジネス part1

今回から2回に分けて、Kickstarterをきっかけとした海外の昆虫食ビジネスの事例を紹介する。

Kickstarterとは、クリエーターがWeb上で資金調達をするためのWebサイトである。

仕組みのおおまかな説明
1. 資金の募集者は、募集する金額、1口あたりの投資額(1$、10$、100$など複数)、期間を設定する。
2. 設定期間中、投資者は投資額を選んで投資の予約をする。
3-1. 設定期間内に投資総額が設定金額を上回れば、投資者の口座から予約した投資額が引き落とされる。
(3-2. 設定金額に満たなければプロジェクト失敗となり、投資者から資金が引き落とされることはない。)
4. 投資者は、募集者から投資額に応じた見返りを受け取る。

詳しくはこちらのブログをご覧いただきたい。
購入と寄付の境界線 ~ Kickstarterに垣間見る境界線のゆらぎ

このKickstarterには、昆虫食に関するプロジェクトが過去2件存在している。


Don Bugito: An Edible Insect Food Business

プロジェクトの発足者はメキシコ出身、アメリカ在住の Monica Martinez さん。
彼女は芸術家であり、工業デザイナーでもある。
Monicaさん個人のホームページ

ホームページから引用(意訳気味)

私ははもともと"where my foods come from (私の食べ物はどこから来るのか)"ということに強い興味をもっていた。
だからウシを自分の庭で飼いたいと考えた。だけど、庭はそんなに広くないからと断念した。
その後も食べ物に関する興味は失われることなく、数年にわたって食べ物を保管する穀物倉庫などのデザインを手がけた。
しかし、そのような仕事では、人々の食料生産に対する考え方を変化させることができたと思ったことは一度も無かった。

そこで、ミールワームの生産を自宅でできたらいいな、と考えた。
そして工業デザイナーとしての本領を発揮して試行錯誤をした結果、機能的なミールワーム飼育ケージ
"WURMHAUS"の開発に成功した。
私にとって、このWURMHAUSを利用した自宅でのミールワーム生産は、都市農業の新しい形であり、食料ならびにタンパク質生産の諸問題を解決素晴らしいアプローチになると思えた

さて、次のチャレンジは、どのようにすればこの食用昆虫を虫を食べたことのない一般の人々に紹介することができるかだ。
そこで私は"Don Bugito"を立ち上げた。
Don Bugitoは路上販売の形態を採用している。
移動販売車を利用することによって、座席を設けたレストランよりも、より多くの人々に利用してもらえると考えたからだ。
また、私にもお客さんにも経済的にやさしく、新しい食品販売に挑戦する人にとって都合がいい。


サンフランシスコでは路上販売のブームもあり、私は2011年のSan Francisco Street Food Festivalでお店をオープンした。
Don Bugitoはベイエリアで信じられないくらいの盛況を博している。
しっかり成長してきているし、今後もみなさんとともに成長していきたい。


ここで登場したWURMHAUSの画像。
wurmhaus1.jpgwurmhaus2.jpg 自宅用ミールワーム生産ユニット。詳細は下記リンクへ。
http://monicamartinez.com/section/188863_Wurm_Haus_Unit_Home_Micro_Farm_2010.html

そしてこれがSan Francisco Street Food Festivalの動画。


Don Bugitoのメインメニュー。
tacos.jpg ミールワームのタコス。

余談だが、Monicaさんはミールワーム飼育ケージを開発しておきながら、昆虫料理として販売する際にはミールワームを購入している
「私は250匹を8ドルで購入しています。本当に安い。」(ソース記事



さて、Don BugitoのKickstarterページ紹介をしたい。
http://www.kickstarter.com/projects/497059094/don-bugito-an-edible-insect-food-business

<募集額> 40,000$(300万円強)
<資金の用途> 移動販売車の購入
<投資の見返り>
① 5$ : レシピ、ポストカード
② 15$ : レシピ、ポストカード、昆虫スナック、ステッカー
③ 30$ : レシピ、ポストカード、昆虫スナック、ステッカー、Tシャツ、webサイトに名前
④ 50$ : 昆虫絵本、Tシャツ、webサイトに名前
⑤ 75$ : 1時間のワークショップ、ステッカー
⑥ 100$ : ④、6オンスのトウガラシソース
⑦ 175$ : ⑥、移動販売車に名前、昆虫料理を食べたという証明書2枚
⑧ 250$ : WURMHAUS、webサイトと移動販売車に名前
⑨ 500$ : 3品コース料理5人前(お店で)、webサイトと移動販売車に名前
⑩ 1000$: タコスパーティ10人前(出張)、webサイトと移動販売車に名前
⑪ 2000$: パーティ50人前(出張)、webサイトと移動販売車に名前

<動画や文書でアピールしているポイント>
昆虫は従来の家畜と比べて廃棄物が少なく、タンパク質が多い。
San Francisco Street Food Festivalでの盛況。

<集まった金額> 9,072$

大失敗である
敗因はなんだろうか。

40,000$の募集額はkickstarterとしては高額であるが、その用途である移動販売車の説明がほとんど無い。
「移動販売車を通じて足を使ってサンフランシスコを中心に昆虫料理を広め、ゆくゆくは世界に広める」ということだけ。
雑さを感じるし、移動販売車のために寄付するというのは夢が広がらないし、面白くない
この雑さと面白みの無さが主な敗因だと思う。

あと、見返りがショボく感じる
15$投資しなきゃ、昆虫料理を食べられない。15$投資しても、昆虫スナックの小袋1つ。
250$のWURMHAUSは若干魅力的だが、高い。
全体的にプレミア感が無い。

今回は30$の投資を申し出た人が最多であった。(詳細はKickstarterのページへ)
Tシャツがもらえるし、自分もそうするだろうなぁと思う。

今回はKickstarterでの失敗例を紹介した。
次回は成功例を紹介する。

<三橋亮太>
スポンサーサイト

6月24日 勉強会報告

6月24日、東京大学農学部にて第12回勉強会が開催されました。

今回は3名のゲストがいらっしゃいました。
一橋大院生のF氏、日本国際ボランティアセンター職員のH氏、
そして日本の昆虫食研究の元祖であり権威である三橋淳先生です。
集合写真mod 参加者の集合写真。

F氏は一橋大で地域デザインの研究をされています。
今回は山形県朝日町の研究フィールドをご紹介いただきました。
研究フィールドを求めている我々にとって、非常にありがたいお話でした。
E-ismが朝日町で活躍できる日は近いかもしれません。

H氏は日本国際ボランティアセンターで東南アジアの開発に携わっており、豊富な昆虫資源の有効活用という観点で昆虫食に興味を持ち、勉強会に参加してくださいました。
同時に東南アジアの昆虫食事情についての情報を提供いただき、我々もとてもよい勉強となりました。

三橋淳先生は日本初の昆虫食関連書籍である「世界の食用昆虫」の著者です。
三橋先生は昆虫食に関わる多数の著書があり、それぞれ昆虫食研究者のバイブルとなっています。
昆虫料理の権威であり当研究会のメンバーでもある内山昭一氏(昆虫食彩館HP)、同じく研究会メンバーの三橋亮太、吉田誠は三橋先生をきっかけに昆虫食を知り、その研究を志すこととなりました。
とにもかくにも、メンバー一同大感激でした。
サイン サインをもらいました!


さて、今回の勉強会の議題は、立教大学地理学人類学研究誌「RUGAS」寄稿に関する打ち合わせでした。
RUGASは立教大地理学人類学研究室の院生が編集者で、比較的大きな発行部数を持つ学術誌で、近日中にオープンアクセス化されるとのことでした。
我々はE-ism発足の経緯と、メンバーそれぞれの専門分野の紹介とその発表に基づいた議論を、座談会形式で記録する予定です。
E-ismとして書面で成果物を発表したことが過去なかったので、とても楽しみに思っています。
佐伯プレゼンmod 佐伯氏の熱いプレゼン。


今回のおやつは内山氏が持ってきてくれた、みたらしトノサマバッタ(左上)、トノサマバッタチョコ(左下)、サクラケムシチョコ(右)です。
バッタ盛り1mod 昆虫菓子3点盛り。
これはパティシエの按田優子さんがレシピ開発をしてくださったものです。
さすがどれも食べやすくて、昆虫の風味が良い感じに活きていて、美味しかったです。

<三橋亮太>

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

昆虫食が嫌われる理由とは?-心理学から考える。

昆虫食が嫌われる主な理由は、その人が昆虫を食べる文化を持っていないからだと考えている。

この仮説を支持する第一の根拠は、P. Rozin (1987) にある以下の記述だ。

If one were interested in determing as much as possible about an adult's food preferences and could only ask him one question, the question should undoubtedly be: "What is your culture or ethnic group?" (Rozin, 1987)
もしあなたがある成人の食の好みを知りたいとして、彼への質問が一つだけしか許されないとしたら、最適な質問は間違いなくこれだろう。「あなたが属する文化もしくは民族は何ですか?」

つまり、人間の食の好みは、その人が属する文化で大部分が決まってしまうということだ。
そして、こう続く。

But what is responsible for the substantial differences in food preferences and attitudes among members of the same culture? Surprisingly, we do not know.
しかし、同じ文化に属する個人の間にある、食の好みの違いの主な要因は何なのだろうか?驚くべきことに、我々にはわからない。

Sex and biological factors such as differences in taste sensitivity acount for very little variance.(Rozin, 1987)
性別や、味への感受性などの生物学的な要因では、食の好みの違いのごく一部しか説明できない。

文化以外の要因は、食の好みへあまり影響しないということだ。
(P. Rozin氏はペンシルベニア大の教授で、著名な心理学者である。)

第二の根拠は、実際に世界には好んで昆虫を食べている地域も多く存在していることだ。
これは昆虫食を嫌う文化が存在する一方で、昆虫食を好む文化も確かに存在していることを示している。

例えば、野中健一著『虫食む人々の暮らし』などを読めば、世界には(日本も含めて)本当に好き好んで虫を食べる人々が多く存在していることがよく理解できるだろう。

虫食む人々の暮らし (NHKブックス)虫食む人々の暮らし (NHKブックス)
(2007/08)
野中 健一

商品詳細を見る

(南アフリカ共和国でのモパニムシ売りの露天を回って気づいたことは、)
ボツワナ産(のモパニムシ)は質がよい分、値段も高い。親近の少ないものは、ジンバブエ産を仕入れて売ることになる。先ほど述べたザニーんの女性は、仕入れたジンバブエ産のモパニムシを再度加工しているのだった。安く仕入れて、自分で美味しくなるよう加工し直しているのだ。

ここから、例えば南アフリカ共和国ではモパニムシが市場で売られるほどに人々に受け入れられていて、他国から輸入するほどの需要があり、さらには産地別にグレード分けがされるほどモパニムシは嗜好性が高い食材であることがわかる。

第三の根拠は、昆虫には食べる価値がある食材だということだ。
もし、昆虫が不味くて栄養もない食物であれば、世界のどこにも昆虫食文化が生まれることはないだろう。
例えば砂は食べる価値が無いので、世界のどこでもそれを食べる文化は存在しない。

その一方で、昆虫は栄養に富み(後日、詳しく述べる)、味も悪くない
多くの昆虫は一般的な家畜の肉と同等の栄養価を持ち、蜂の子などはうなぎの白焼きと非常に似た美味しい味がすることが科学的に示されている。(内山昭一著『昆虫食入門』より)
私も30種程度の昆虫を試食してきたが、実際に昆虫はまずくない。特にカミキリムシは濃厚なバターの風味がして本当に美味しかった。

以上から、昆虫食が嫌われるのは、ただ単に昆虫を食べる文化が無いからだという仮説がある程度の説得力を持っていることを理解してもらえると思う。


昆虫食が嫌われる理由はそういう食文化が無いからだという主張を補強する事例として、以下のような記述もある。(Rozin, 1987)

But studies on parent-child resemblance in food preferences (within a more or less homogeneous culture) have found either no relation or a very small one (correlations usually below 0.3) between children's preferences and those of their parents.
同じ文化に属する親-子の間には、食の好みについての相関性が無いか、もしくは非常に低い(相関係数は0.3以下)ことが発見されている。

Although family resemblance can be caused by genetic factors or experience, the meager evidence we have implicates experience as the more important factor. For example, mother-father correlations in preferences or attitudes are equal to or higher than parent-child correlations, and heritabilities for taste preferences are very low.
家族内での食の好みの類似性は遺伝的要因か経験によるものであるが、証拠としては弱いが、経験の方がより重要な要因であることを示唆するデータがある。たとえば、食の好みの相関性について、母-父の相関性は、親-子の相関性と同程度かちょっと高い程度である。また、味の好みの遺伝率が非常に低い。

つまり、食の好みは遺伝的要因で決定されるものではなく、むしろ経験や食事を共にする時間の長さ、育った文化といった環境的要因によって作られるものである、ということだ。

ただし、味覚器のセンサー機能については、生活習慣などの環境の影響をほとんど受けないことに注意したい。

塩辛いものが大好きな人、甘いものが大好きな人の間でも、味覚器の機能にはあまり差がない。うまみ物質が豊富に入っている食物を小さいときから食べている日本人と、欧米人のうま味に対する感度を比較してみても、特に差は認められない。塩辛いものを食べ続けている人と、薄味のものを食べ続けている人の間にも、食塩に対する味覚感度にはあまり差がない。長い間の食習慣の違いがあっても、味覚器のセンサー機能にはあまり差がない。(栗原, 1999)

文化などの環境的要因によって形成されるものは食の好みであって、味覚器の感受性ではない


しかし、遺伝的に要因によって形成される食の好みも確かに存在する。
たとえば乳糖不耐症によるものだ。
歴史的に大量の乳製品を摂取してこなかった民族では、一般的に腸内でのラクターゼの分泌が少なく、それゆえに乳糖不耐症の人々は牛乳などを摂取すると乳糖を消化することができず、下痢などの体調不良を起こす。
北欧人はほとんど乳糖不耐症ではないことに対して、日本人を含むアジア人は95%もの人が乳糖不耐症だとか。(http://www.biv-decodeme.jp/health/conditions-covered/lactose-intolerance.html

ある食品を食べた後に体調が悪くなったことを経験した場合、次回も同じような体調不良を引き起こすことを予期してしまうため、そのような食品はちょっと嫌いになってしまう。(Rozin, 1987)
よって以上のような状況下では、遺伝的な要因によって食の好みが形成されることになる。
しかし、食の好みが遺伝的な要因で決定されることを示す研究報告はまだまだ少なく、この事例は例外的であるといえるだろう。
また、乳糖のような遺伝的な要因によって摂食を拒絶される物質は、昆虫では発見されていない。(2012.6.11追記)
やはり、食の好みは主に文化によって形成されるという仮説がいちばんわかりやすいと思う。


さて、我々は昆虫食文化が何故無いのか、ということについては今回、何も言及していない。
次回は「何故、昆虫食文化は育たなかったのか?」ということについて考えていく予定だ。


引用文献
P. Rozin (1987)  Psycological Perspectives on Food Preferences and Avoidance. In Food And Evolution: Toward a Theory of Human Food Habits (M. Harris and E. B. Ross), pp.181-205.
栗原堅三(1999)  味覚の仕組み, 味とにおいの分子認識 (日本化学会編)pp.3-17
野中健一(2007) 虫食む人々の暮らし
内山昭一(2012) 昆虫食入門

<三橋亮太>

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

なぜワタシは昆虫に食欲がわかないのか?

自己紹介twitterやってます
佐伯真二郎です。
昆虫料理研究を始めて はや4年
今回はそのきっかけを紹介します。

2008年のこと。
当時学部4年で仙台在住。ショウジョウバエの研究を始めて半年ぐらいで
学祭に畑正憲氏 「ムツゴロウさん」が講演に来たので聞きに行った。

彼の話はぶっ飛んでいた。
クマの冬眠の状態変化が測定したかったが分析機器がないのでフンを舐めて味を確かめた
学生時代は実験に使用した動物をひと通り食べてみた。
アメーバや大腸菌は増やすのに苦労した。

ゾウに殺されかけた。

などなど。ムツゴロウ王国では放送出来ない話が盛りだくさん。

その後、研究室に戻りハエの世話をしながらふと思った。

「こいつらはどんな味なんだろう?」
よく増え、管理もラクで、おそらく栄養も豊富。これを日常食にできないか。
と考えた所ですこし気持ち悪くなった

そこで 考えた 

 「なぜワタシは昆虫に食欲がわかないのか」

google検索をかけ「昆虫 料理」
amazonで ヒットしたのは「楽しい昆虫料理」

楽しい昆虫料理楽しい昆虫料理
(2008/07/18)
内山 昭一

商品詳細を見る


別の研究室のM先生に声をかけ、
当時ペットとして飼われていたマダガスカルゴキブリを譲ってくれるようお願いする。

そしてAmazonから本が到着し、
「第一回昆虫料理研究会仙台支部会」が開催されたのである
メニューは
「マダガスカルゴキブリのスープカレー」(クリックで拡大)madagoki-curry

ううむ 食欲がわかない

味の方は…うまい! これはうまい
スープカレーはカレースープと揚げた食材を併せて食べるので、
揚げマダゴキとの相性は抜群である。
食べなれない匂いを感じたが、イケる味だ。

そこで私は直感した
「なぜ私は昆虫に食欲がわかないのか」 の こたえ
「昆虫を食べたことがないから」

更に妄想は膨らむ
「昆虫を食べたことがなくて、昆虫を食べたいと思わないヒト」って
日本にどのくらい居るだろう?

参考<昆虫食彩館>
アンケート

およそ62%。日本では7965万人いる計算になる。

昆虫を食べたい人たち=28%の人たちと一緒にたのしむのはもちろん

「食べたことがないだけで昆虫料理が本当は好きな人」にお届けするため
昆虫料理開発に勤しみ、発信しつづけたい。(迷惑と言われようとも)
いまでは昆虫を見ると食欲がわくようになってしまった。

昔、某番組で「アレルギーが酷く洋ナシ以外食べられない少年」というものを見た。
昆虫食は試したのだろうか。
昆虫は80万種も記載されているのだから、そのうちどれかいけたのではないか。

ということで、
昆虫料理が多彩な料理文化の一端を担えることを目標にがんばっております。
次回は開発した昆虫料理をご紹介。

佐伯

テーマ : 栄養
ジャンル : 学問・文化・芸術

食用昆虫科学研究会     ホームページ
Twitter

Twitter < > Reload

プロフィール

Author:E-ISM
食用昆虫科学研究会
(E-ISM ;Edible Insect Science Meeting)です。
このブログでは、E-ISMのメンバーが昆虫食に関わる色々なことを自由に気軽に書いていきます。

リンク
記事一覧
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。