スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コオロギバーを食べてみた(第14回勉強会報告)

9月8日、東京大学にて第14回勉強会が執り行われました。
参加者は6名とやや寂しい勉強会ではありましたが、前途有望な学部生も1人見学に来てくれて、各自にとって実りある勉強会となりました。

今回、アメリカ産のコオロギバーの試食もメンバー全員で行いました。
(コオロギバー入手の詳細については、「海外の昆虫食ビジネス part2」をご覧ください。)


コオロギバーは2種類の味があります。

1. Chaco Bar
コオロギバー4 コオロギバー3

コオロギバー5 コオロギバー6
チャコ(Chaco)はコロンブス以前にアメリカ大陸南西部に住んでいた人々のことだそうで、Chaco Barのレシピはこのチャコの人々の生活史からインスパイアされたそうです。
Chaco Barの主な原材料は(多い順に)デーツ、ピーナッツ、オーツ麦、チョコレート、クルミ、リュウゼツランのシロップ、コオロギパウダーとなっています。
ちなみにコオロギパウダーの含有量は不明です。

Chaco Barの味は簡単に言ってしまえば、デーツ&チョコレート味。
干し柿やレーズンのような濃厚なデーツの風味とカカオの香りが強く、コオロギの風味は一切感じません。
ナッツたっぷりの普通のおいしくて食べごたえのあるチョコナッツバーでした。

2. Thai Bar
コオロギバー1 コオロギバー2
コオロギバー7
これはそのままタイ風のレシピで作ったコオロギバーです。タイは言わずと知れたコオロギ食の聖地ですから、そのタイにあやかってということらしいです。
Thai Barの主な原材料は(多い順に)デーツ、アーモンド、カシューナッツ、コオロギパウダー、ココナッツ、ショウガ、ライムとなっています。

Thai Barの味は簡単に言えばデーツ&ショウガ味。こちらもコオロギの風味は一切感じません。
ですが、表面をよく見るとコオロギの外骨格の破片が見えます。
こちらの方が若干昆虫を食べている感じがするかもしれません。


どちらのコオロギバーも51gで、エネルギーは220kcal。
日本のカロリーメイトと同じくらいのエネルギーです。
コオロギーバーはエナジーバーを謳うだけあって、味付けが濃厚で食べごたえがあって、ホワイトカラーの人がおやつに食べるには少々重いです。

正直、我々E-ismの面々にとっては期待はずれな試食会となってしまいました。
ですが裏を返せば、Chapulの面々は昆虫の風味をしっかりとマスクした商品開発を行ったということ。
昆虫食初心者にとって食べやすいエナジーバーとなっています。
(デーツの風味が苦手な人は苦しいかもしれませんが…)

さて、このコオロギバー、ついに一般販売が始まりました。
http://chapul.com/bars/
12本入り(約1400g)で30.99ドル。日本円で約2400円です。(送料別)
1本あたり200円、カロリーメイト1箱とだいたい同じ値段です。
試しに購入してみてはいかがでしょうか?

<三橋亮太>
スポンサーサイト

テーマ : 栄養
ジャンル : 学問・文化・芸術

モパニワームを食べてみた

今回はかの有名な食用昆虫であるモパニワームの試食をした様子を報告します。

モパニワームとは、アフリカ南部に生息するヤママユガの一種の幼虫で、現地では非常にポピュラーな食材となっています。
Mopane Worm by Arne Larsen
(詳しくは、野中健一著虫食む人々の暮らし (NHKブックス)などを参考にしてください。)
昆虫食研究者であれば誰もが知っているこの虫、一度は食べてみたいと思うものです。
しかし、アフリカ南部産の珍味ということで、日本では入手が非常に難しい食材だったのです。

ですが最近、やっと日本からモパニワームを購入する方法が見つかりました
イギリスの希少食材通販サイトhttp://www.edible-shop.com/です。
この通販サイトでは、ジャコウネココーヒー、トナカイ肉、高級バニラ、高級中国茶、真珠粉末などの希少食材だけでなく、食用昆虫の販売も行なっています。

2012.7.15現在、当サイトで取り扱っている食用昆虫関連商品は以下。
クロアリ キャンディ
ハキリアリ チョコ、スナック、
ミールワーム キャンディ、スナック
スズメバチ のはちみつ漬け
コオロギ スナック(タイカレー味)
モパニワーム スナック
サソリ チョコ、キャンディ、スナック、ウォッカ
ミミズ ジン

モパニワームを販売している通販サイトは、世界でもおそらくここだけではないでしょうか?(自信はないですが…)
ミミズを漬け込んだジン(蒸留酒)なんかも非常にユニークです。

さて、我々は実際にモパニワームを取り寄せました。
40g入り(約30匹)で15.95英ポンド、送料は7英ポンド。
しめて22.95英ポンド=約2800円

なかなか高い買い物でした。
モパニ缶 - コピー ワーム - コピー
左がパッケージの缶で、右が入っていたモパニワームです。
大きさは約4cmと、食べるのをためらってしまうくらいに大きいです。

パッケージの裏側に書かれている説明文です。

モパニワームはボツワナ、ジンバブエなどのアフリカ南部に住む人々にとって重要なタンパク源である。
モパニワームはヤママユガ科のイモムシで、モパニツリーを食べる。
現地民は毎年春になると、モパニツリーからイモムシを収穫する。
収穫されたイモムシはその場で腸内の内容物をしごき出され、塩水の入った大鍋で茹でられる。
その後、アフリカの熱い日光のもとで自然乾燥される。
そしてそのまま保存され、干し肉のようにして食べられたり、スパイシーなアフリカンピーナッツシチューの具材として煮こまれて食べられたりしている。
<原材料>
モパニワーム、塩

もう少し詳しい説明文は、以下の商品ページにあります。
http://www.edible-shop.com/shop/insectivore/mopane%20worms/

モパニワームは日光乾燥され、塩味がつけられています。
その風味は、きな粉。塩味のついたきな粉。
十分に乾燥されていて、食感はサクサクとしていました。
あまり油分は感じませんでした。
また、個体によって塩の分量が異なっていて、ものすごく塩辛いものと普通程度ものが混在していたようです。
(私の食べた個体は塩辛くて大変でした…)

DSCF2040 - コピー 断面図
腸の内容物はしごき出され、中身は空洞です。

結局、今回のモパニワームは美味しいのかどうかというところですが、
食用昆虫としては臭みもなく、淡白で食べやすい。
が、特別に美味しいものでもなかった。

というところでしょうか。
貴重な経験がでした。

DSCF2041 - コピー おまけ袋 - コピー
左:ビビりながら食べるT氏。 右:おまけの袋。かっこいい。

<三橋亮太>

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

7/14 勉強会報告

7月14日、東洋大学白山キャンパスにて第13回勉強会が行われました。
参加者はコアメンバーの6名で、今回はゲストはいませんでした。

議題その1は、8月4日に行われる東京セミ会について。
東京セミ会とは、東京の某公園周辺に発生するセミをみんなで採集し、ワイワイ調理して食べてしまおう!というイベントです。
毎年大盛況で、今年の定員40名も既に満員になってしまったとかいないとか。

このセミ会は内山昭一氏の昆虫料理研究会が主催なのですが、我々食用昆虫科学研究会も一部協力しています。
昨年、「セミ会では大量にセミを採集しているが、生態系への影響は無いのか?」という問い合わせが寄せられました。
そこで我々はセミの個体数、採集数調査を行うことにしました。
うまくできるかわかりませんが、挑戦です。

議題その2は、10月10~11日に行われるサイエンスアゴラへの出展について。
今年もやります。
昆虫料理の試食コーナーも設ける予定なので、お時間があれば是非ともご参加ください。

議題その3は、佐伯氏の研究進捗状況報告です。
彼は複数の研究費助成に積極的に申請しています。
助成金の獲得一つ一つが研究実績となります。
昆虫食研究の発展のため、彼には大きな期待を寄せざるを得ません。

議題その4は、三橋が実際に昆虫の放射能測定を行って学んだ、放射能データの読み方についての報告です。

今回の勉強会はまったりのんびりと終わりました。
それでも僕にとって研究会のメンバーに会って話をすることは非常に刺激的で、モチベーションの維持に大いに役だっています。
改めて、研究会が設立されてよかったなぁと思います。

また、今回の勉強会ではモパニワームの試食も行われました。
次回のブログでその詳細を報告したいと思います。

<三橋亮太>

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

6月24日 勉強会報告

6月24日、東京大学農学部にて第12回勉強会が開催されました。

今回は3名のゲストがいらっしゃいました。
一橋大院生のF氏、日本国際ボランティアセンター職員のH氏、
そして日本の昆虫食研究の元祖であり権威である三橋淳先生です。
集合写真mod 参加者の集合写真。

F氏は一橋大で地域デザインの研究をされています。
今回は山形県朝日町の研究フィールドをご紹介いただきました。
研究フィールドを求めている我々にとって、非常にありがたいお話でした。
E-ismが朝日町で活躍できる日は近いかもしれません。

H氏は日本国際ボランティアセンターで東南アジアの開発に携わっており、豊富な昆虫資源の有効活用という観点で昆虫食に興味を持ち、勉強会に参加してくださいました。
同時に東南アジアの昆虫食事情についての情報を提供いただき、我々もとてもよい勉強となりました。

三橋淳先生は日本初の昆虫食関連書籍である「世界の食用昆虫」の著者です。
三橋先生は昆虫食に関わる多数の著書があり、それぞれ昆虫食研究者のバイブルとなっています。
昆虫料理の権威であり当研究会のメンバーでもある内山昭一氏(昆虫食彩館HP)、同じく研究会メンバーの三橋亮太、吉田誠は三橋先生をきっかけに昆虫食を知り、その研究を志すこととなりました。
とにもかくにも、メンバー一同大感激でした。
サイン サインをもらいました!


さて、今回の勉強会の議題は、立教大学地理学人類学研究誌「RUGAS」寄稿に関する打ち合わせでした。
RUGASは立教大地理学人類学研究室の院生が編集者で、比較的大きな発行部数を持つ学術誌で、近日中にオープンアクセス化されるとのことでした。
我々はE-ism発足の経緯と、メンバーそれぞれの専門分野の紹介とその発表に基づいた議論を、座談会形式で記録する予定です。
E-ismとして書面で成果物を発表したことが過去なかったので、とても楽しみに思っています。
佐伯プレゼンmod 佐伯氏の熱いプレゼン。


今回のおやつは内山氏が持ってきてくれた、みたらしトノサマバッタ(左上)、トノサマバッタチョコ(左下)、サクラケムシチョコ(右)です。
バッタ盛り1mod 昆虫菓子3点盛り。
これはパティシエの按田優子さんがレシピ開発をしてくださったものです。
さすがどれも食べやすくて、昆虫の風味が良い感じに活きていて、美味しかったです。

<三橋亮太>

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

5月12日勉強会報告

5月12日、第11回 E-ISM 勉強会を開催しました。

場所は東大農学部。緑がキレイでとても広々としたキャンパスです。

参加者は水野、佐伯、三橋、吉田、そしてE-ISM初参加の東大の院生さん。

大学のビジネスコンテストで昆虫食で戦いたいとのことで参加してくれました
DSCF1992.jpg

その目的の達成の如何は別として、材料科学を修める彼のおかげで新しい昆虫食研究が生まれそうです。

新しいメンバーとの出会いは刺激的で、非常に喜ばしいことです。


今回の勉強会の内容は、サイエンスアゴラ2012の企画立案と、佐伯の研究進捗状況報告でした。

昨年に引き続き、今年もサイエンスアゴラに出展します。
http://www.scienceagora.org/

ご都合が付けば、是非ご参加ください。


手前みそですが、佐伯の研究は熱いです。

彼は言います。(https://twitter.com/#!/Mushi_Kurotowa/status/200136715908808705

既存のシステムに昆虫をはめ込めばどうにかなる、と考えるのは昆虫に過剰な期待をしている。目的と用途を厳密に設定し、昆虫の選定から実用化までシステム全体を設計をする必要がある。そこで初めて他の実用システムとのコスト比較が可能になる。


このように、彼は昆虫食をウシやブタの代替品として開発していくのではなく、昆虫食のための農業システムを設計し、その新しい農業システムごと昆虫食を開発していこうということを考えて研究を行なっています。

正真正銘、E-ISMのエースです。

その佐伯がおみやげにトノサマバッタと、トノサマバッタのフン茶を持ってきてくれました。

このトノサマバッタは彼が飼育しているアルビノ系統の個体です。白いです。
DSCF1986.jpg

フン茶は、沖縄のサトウキビの葉をエサにして育てたトノサマバッタのフンを炒って乾燥させたものです。
DSCF1993.jpg

DSCF1994.jpg


サトウキビの甘い香りと、さっぱり爽やかな牧草の味がして、非常に美味しかったです。

もちろん、私達がイメージする「フン」の感じはまったくありません。

メンバー全員大絶賛でした。


こうして今回の勉強会も大盛り上がりでした。

話のネタは尽きません。

興味をお持ちの方は、是非ご連絡をください。

一緒に昆虫食研究を盛り上げて行きましょう。

<三橋亮太>

テーマ : 科学・医療・心理
ジャンル : 学問・文化・芸術

食用昆虫科学研究会     ホームページ
Twitter

Twitter < > Reload

プロフィール

E-ISM

Author:E-ISM
食用昆虫科学研究会
(E-ISM ;Edible Insect Science Meeting)です。
このブログでは、E-ISMのメンバーが昆虫食に関わる色々なことを自由に気軽に書いていきます。

リンク
記事一覧
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。